全身脱毛をするときに照射漏れはないの?

数週間たっても毛が抜けない、、、

数週間たっても毛が抜けない、、、 | まれに起こる「照射漏れ」にも注意 | 照射漏れがあったらすぐにサロンに連絡を

 全身脱毛は、部分脱毛と違って全身の体毛を専用の医療用のレーザーや光を出すことができる医療器械を使って剃っていくことになります。
その際に照射漏れはないのかについてですが、残念ながらその可能性はあります。
 レーザー脱毛や光脱毛の施術を受けてもすぐに体毛が抜けるというわけではありません。
施術を行った後に体毛が抜けていくのは、体毛の場合であれば施術の2週間から3週間後となります。
 髭や顔のうぶ毛などについては、身体の体毛よりも毛が伸びるスピードが速いということもあり、施術を行ってから1週間前後で抜けてくるというケースが多いです。
 そして、体毛が抜け始めるまでの間においては、体毛は普通に成長して伸びていきます。
最も体毛自体が伸びてくることについては普通の事ですので、問題はありません。
 しかし、中には数週間たっても毛が抜けないというケースがみられます。
その場合においてはいくつかの原因が考えられるため、注意が必要とすることもあります。
 まず、全ての毛が全く抜けてこなかったりする場合においてはレーザー光線を照射したときの熱量不足が指摘されています。
この状態のままでは施術を何度行ったとしても、体毛が減っていくことはありません。
 対策については次回の施術時に熱量を上げてもらうようにするか、あるいは再施術を行うことです。
ただ対応については店によって違うことを留意します。

自分で全身脱毛を行う場合の照射漏れを防ぐコツ

自分で全身脱毛を行う場合にはレーザー照射や光照射の行える機器をつかって処理を行うことになります。
どちらも毛根部分にしっかりと働きかけてムダ毛の再生をストップさせることができますが、照射範囲が広いということで光脱毛を利用することに決めました。
実際に行ってみると、やや刺激を感じるもののムダ毛が抜けるほどの効果があるとは思えないほどソフトな感触です。
最初はただ効果を確かめたくて無計画に照射を行っていきました。
その直後に縮れたような状態で飛び出してきたムダ毛がありましたが、大半はそのまま残って本当に効果が得られているのか不安に感じました。
それから10日程度経ってから見てみると、残っていたムダ毛がずい分無くなっていることに気付きました。
そして、キレイに無くなっているところと、びっしり生えているところがはっきりと分かれていることにも気付きました。
そこで初めて照射漏れをしてしまったことが分かり、今後はなるべくきっちりと照射が行えるように気をつけようと対策を立てました。
次の処理の時には脱毛器を少しずつずらしていく方法に切り替えました。
例えば、脚なら足首近くの照射を行ったらそこから上の方向に少しずつずらしていき、ひざまできたら今度は横にずらしてからまた上の方に向かって照射を行います。
この方法なら照射漏れをすることもなくきっちり処理できるだろうと考えていたのですが、この方法にも問題があることに気付きました。
それは、途中で目を離してしまったり、範囲の広い箇所だったりすると、実際にどこまで処理を行ったのかが曖昧になってしまうということです。
重ねての照射は危険ですので行えませんが、本当に処理をしたのかと不安になりながらも照射できないというのはとてもフラストレーションがたまります。
段々と慣れてきたころ、処理する箇所をブロック分けすればもっとうまく照射できるのではないかと考えつき、実践してみることにしました。
利用したのは安い口紅です。鉛筆では見えませんし、マジックで書くと落ちなそうなので、石鹸でも落とせる口紅を使いました。
大体1照射あたりの面積が分かっていましたので、それを考慮しながらブロック分けをしていきました。
ひざ下程度なら表面で6箇所、裏面で6箇所程度に分けて、済んだ箇所にも印をつけていきました。そうすることで重ねて照射するのを防げます。
このブロック分けは大成功で、それまでで一番キレイに処理をすることができました。
やはり自分で行う時には念入りな準備が必要なのだということを実感しましたので、これからも同じ方法で処理を行っていくつもりです。
今まで家庭用脱毛器を使って処理を行ってきて感じたことは、全身脱毛を行いたいからといって一気に広い範囲を処理するとどうしても処理漏れが発生してしまうということです。
最初は慎重に照射をしているのですが、段々とずれが生じてきて処理を行っていない箇所が出始めます。集中力がなくなってくると照射漏れが発生するだけでなく肌の安全を脅かす恐れもありますので、安全にツルツルのお肌を手に入れるためには少しずつ行った方が良いようです。
実際に、欲張って広い範囲を無理して処理した時には、かなり気をつけて行ったつもりでもかなりの処理漏れが発生していました。
元々が剛毛なので処理漏れが発生すると残ったムダ毛が目立ってしまい、もう一度そこに光を当ててしまおうかと考えてしまいます。
明らかにその辺りを1照射分程度行っていないのであれば追加で照射を行っても良いのですが、境界があいまいで重なる部分があるかもしれないと感じる時には無理して照射を行わず、次の時にまわすようにしています。